会社沿革 Company history

1951年4月 二村商事株式会社を創立。資本金65万円。
代表取締役に二村善三郎就任。
日曹製鋼株式会社代理店として業務を継承。
鋳鍛鋼品、耐磨耗鋼の販売をはじめる。
1954年4月 アルマー製品の販売をはじめる。
1959年5月 熱処理治具の設計、協力先による製作をはじめ、加工能力をもつサプライヤーとしての方向を打ち出す。
1960年1月 東京出張所開設。
1960年5月 資本金160万円に増資。
1963年2月 機械部門を設け、機械、装置、工業炉を営業品目に加える。
1963年11月 資本金400万円に増資。
1965年6月 代表取締役に二村一郎が就任。
1969年8月 資本金800万円に増資。
1971年3月 東京出張所移転。同時に営業所に昇格。
1971年7月 資本金1,200万円に増資。
1972年10月 資本金1,800万円に増資。
1973年8月 大阪営業所を開設。
1974年6月 ロストワックス鋳鋼品の販売をはじめる。
1977年11月 熱処理用溶接組立治具製造のため、名古屋市緑区に鳴海工場を新設。
1977年12月 ニムラ鋼機株式会社に社名変更。
1980年10月 高周波焼入装置の販売をはじめる。
1981年3月 各種セラミック製品の販売をはじめる。
1981年4月 創立30周年をむかえる。
1981年9月 計測器の販売をはじめる。
1982年12月 各種自動組付機の販売をはじめる。
1984年4月 各種低圧鋳造設備の販売をはじめる。
1984年10月 鋳造装置の販売をはじめる。
1991年3月 資本金2,340万円に増資。
1991年4月 本社を名古屋市中区に移転する。
1991年8月 代表取締役に二村三郎が就任。
1992年5月 鳴海工場の拡張、改築。
1993年7月 資本金2,808万円に増資。
1994年7月 食品製造市場にステンレス製品の販売をはじめる。
1996年8月 資本金3,200万円に増資。
1998年7月 東京営業所を東京支店に昇格。
鳴海工場を製造部に改める。
2001年4月 創立50周年を迎える。
2001年7月 大阪営業所を大阪支店に昇格。
2008年7月 技術開発センターを新設。
2009年4月 中国に広州二村鋼機商貿有限公司を設立。